データベースの違い(Oracle・MySQL・SQL Server)③SQL Server

世界TOP3のデータベース

Oracle Database、MySQLSQL Server を比較していきます。

 

今回は、世界TOP3のSQL Serverについてみていきましょう!

とは言っても、Microsof社tがSQL Serverの記事や資料を沢山作成しているので、

ここでは、大まかな特徴などを備忘録として記載しておきます。

 

 

SQLServerは、Microsoftが開発した製品だと思っている方は多いかと思いますが、、、

実は違います!

元々SQLServerは、Sybase社が開発したRDBMS(関係データベース)です。

Sybase社が、SQLServerを開発した後、

Sybase社、Microsoft社、アシュトンテイト社の3社で「Sybase SQL Server for OS/2

と「Sybase SQL Server for Windows」を開発しました。

その後、3社は共同開発を終了させることになり、

Microsoft社は、Windows用のコードをSybaseから購入しました。

Sybase社とMicrosoft社は、SQL Serverを各々のバージョンで継続開発しました。

  

 
現在、Sybase社は、開発したSQL Server

「Adaptive Server Enterprise (ASE)」という製品名で販売しています。

一方、Microsoft社は、

自社で開発したバージョンを「Microsoft SQL Server」として販売しています。

Microsoft = SQL Server」と認識されるようになったのは、ここが始まりです。

補足となりますが、Sybaseは2010年にSAPに買収されています。

 

 

特徴
Windowsとの親和性が高い

Microsoftなので当たり前のことかと思いますが、

SQL ServerWindowsとの親和性が高いです。

たとえば、Windows認証という機能があります。

簡単に説明すると、Windows認証は、OSのユーザー名/パスワードで認証します。

つまり、OSにログインしたユーザーは、

同時にデータベースにログインしたことになるという機能です。

SQLServer2016まではWindowsOSのみ対応でした。

SQLServer2017よりLinuxOSも対応されております!

また、BIに必要とされる機能を標準で提供しているため、

SQL Server一つで本格的なBIシステムの導入が可能となります。

SQL Serverは、"データベース"というより、

"データベースを含むサービス"に近いものを

提供しようとしている点からきています。

これは、プログラムの作りを確認/比較すると分かりやすいかと思います。

それについての記事は後日UPします。

 

●価格が安価

Oracleデータベース製品と比較すると価格が安いです。

提供しているEditionと価格単位が異なるため、比較しにくいところはありますが、

Enterprise Editionを購入する場合、同じ構成で価格算出するとSQL Serverの価格は、

Oracle DBの1/2の価格より安くなります。

企業が購入する際にコストはなるべく安い方がいいという考えからすると、

SQL Serverの大きな利点といえます。

 

 

まとめ
SQL Serverは、Microsoft社が取り扱っている製品のため、

Windowsとの親和性が高い。

Windows認証やBIに必要な機能が備わっており、

Databaseをサービスとして提供しているイメージ。

価格がOracleより安い!日本国内のベンダー別シェアでは、

2014年~2016年の3年間No.1となっています。

日本では、データに対して企業が割くコストは、世界から見て低いため、

SQL Serverを採用する企業が増えているのかもしれません。

MicrosoftのTechブログでSQL Server2017のメリットやベンダー比較資料を掲載しております。
 

 

次回よりOracleDBとSQL Serverについて少し詳しく比較していきたいと思います:-)